Mercuryニュース

2018年11月12日

マーキュリー・マリン、環境への取り組みにフォーカスを当てた2018年サステナビリティレポートおよびサポートビデオを発表、

ウィスコンシン・フォンデュラク(2018年11月12日) - 海洋推進・技術の世界的リーダーであるマーキュリー・マリンは、環境保全、エネルギー保護、世界最高水準の製造、人々と地域社会への支援、人々のために持続可能な気候の創造への同社の投資にフォーカスを当てた2018 サステナビリティレポートおよびサポートビデオを発表しました。この年次報告書は、持続可能性イニシアチブの各主要カテゴリーにおいて、マーキュリーが積極的に改善目標を達成し、これを超越し続けていることを示しています。

マーキュリー・マリン社のJohn Pfeifer社長は次のように述べています。「クリーンな空気と水に依存する海洋産業に属する当社にとって、サステナビリティは当然優先されるべきことであり、海洋産業に携わる人々が皆、当社が存在するからこそ、海洋産業がより良い場所であると認知してくれることを願っています。当社は海洋推進事業体でありたいと願うのみならず、中国、ヨーロッパ、南米、そして世界中のコミュニティをより良いものにする社会的責任を果たす事業体でありたいと思っています。なぜなら、それこそが重要なことであると認識しているからです。」

マーキュリーの新V-6およびV-8 4ストロークアウトボードエンジンは、持続可能性、革新的技術、そして環境管理において、海洋産業の柱を引き上げていることが強調されています。更に、マーキュリーの従業員は、世界中で暮らし、働いている地域、そして製品が使用されている地域で、地域サポートのための新基準を設定し続けています。マーキュリーの持続可能性への取り組みは、2011年の最初のサステナビリティ報告以来、企業がより積極的なゴールと目標を追求する点まで徐々に進化しました。

マーキュリー・マリン・グローバルオペレーションのJohn Buelow統括責任者は次のように述べています。「目標を達成し、海洋業界のリーダーになるためには、サステナビリティが重要です。 つまり、環境にプラスの影響を与えるものをすべて実行し、当社が開発し市場に送り出す製品は可能な限りクリーンなものとし、操作方法考え、地球を保護し、接触した人々すべてに肯定的な影響を与える、ということです。」

Pfeifer社長は次のように語ります。「当社の事業のいずれにおいても、サステナビリティの観点から我々に何ができるのかにおいて多くのエネルギーがあります。サステナビリティの観点から、当社は成長しました。そして、私が成長したと信じる理由は、ここで働く誰もがそれを気にかけているからです。これは人々にとって、とても重要なことです。」

マーキュリー・マリンのサステナビリティイニシアチブの4つの柱は以下の通りです:

エネルギー:エネルギー削減プロジェクトを実施し、エネルギー管理のベストプラクティスを促進し、新エネルギー技術を採用することにより、より高いエネルギー効率を達成する。

環境:ユーザーが仕事や遊びのためにマーキュリー製品を使用する自然スポットを保護する。保全、再配置、リサイクルを通じて天然資源の利用を減らす。可能な限り、浄化した資源を地球に返す。

製品:水、土壌および空気に対するエンジンの影響を最小限に抑え、マーキュリー・マリン製品を活用し、楽しむための手つかずの環境の必要性を認識する。

人々:マーキュリー・マリンに関係する人々(マーキュリーの従業員、パートナー、顧客、コミュニティ)が、より幸せで健康的で充実した生活を楽しめるよう支援する。

http://www.mercurymarine.com/ja/asia/news/mercury-marine-releases-2018-sustainability-report-and-video-highlighting-its-commitment-to-environmental-stewardship/?page=2&