Mercuryニュース

2018年10月26日

マーキュリー・マリーン・エンジン駆動の水上スキーチームがギネス世界記録を達成

ウィスコンシン州フォンドゥラック;ウィスコンシン州ジェーンズビルのロック・アクア・ジェイズ水上スキーチーム;トランサムにトリプル300馬力のマーキュリー・レーシング船外機を搭載し、他の2つの水上スキーチームのサポートのもと、水上スキーでの世界最大の人間ピラミッドとしてギネス世界記録を達成した。このチームはマーキュリー・マリーンへの感謝を込めて、フォンドゥラックのマーキュリー・マリーン本社における授賞式で、この栄誉を刻んだ銘版を同社に授与した。

「この記録は、共通の目標をめざして情熱、才能、チームワークが一体となった時に、いかに素晴らしい偉業を達成させることができるかを物語っている」とロック・アクア・ジェイズのケビン・オスターマイアーは語る。彼はこの記録的な偉業をまとめ上げて成功させた中心人物だ。「マーキュリー・エンジンのパワーが絶大にものを言った。」

総勢80人のスキーヤーによる複数の4層ピラミッドがロック川を約350mにわたって走行した。これは64人のスキーヤーによる従来の記録を破るのに必要な距離のおよそ2倍にあたる。ロック・アクア・ジェイズに加わったのは、ウィスコンシン州ツインレイクのアクアナッツチームと、同州フレモントのウェブフッターズのスキーヤーたちだった。

一組のタンデムボートがスキーヤー達をドックエリアから引っ張り、彼らが開放水域に達した時点でリードボートが離れ、単独ボートの背後でこの記録的な技が達成された。船外機にはマーキュリー製4翼15ピッチのレボリューション4のプロペラが搭載されていた

スキーヤー達は最初に70人ピラミッドで従来の記録を破り、それに続く走行ではさらに10人追加して80人ピラミッドの記録を打ち立てた。ギネスは正式にこの記録を承認している。

ロック・アクア・ジェイズは1961年に結成され、1975年以来20の全国水上スキー競技大会で優勝している。彼らは毎年メモリアルデーの週末からレイバーデーの週末にかけて、週に2回ロック川で水上スキーのショーを披露している。このショーを通して、チームメンバーや一般の人々に、ボートや水上スキーをする上での安全を守るテクニックを提供している。また、彼らは3層、4層、5層のピラミッドを達成した最初のアマチュアチームでもある。

http://www.mercurymarine.com/ja/asia/news/mercury-marine-powered-water-ski-team-presented-with-guinness-world-record/?page=2&