2018年10月1日

Mercury Marine to offer joystick piloting solution on 200-225hp V6 engines

Fond du Lac, Wisc. – Mercury Marine is pleased to announce that it will offer joystick piloting on V6 3.4L 200hp and 225hp FourStroke outboards with DTS and V6 3.4L 200hp SeaPro outboards with DTS. Mercury and SeaStar Solutions have ...

もっと読む

2018年8月9日

Brunswick Corporation completes acquisition of Power Products’ Global Marine & Mobile Business

Fond du Lac, Wisc. – Mercury Marine’s parent company, Brunswick Corporation (NYSE: BC) today announced that it has completed the acquisition of Power Products – Global Marine & Mobile, which includes the global marine, specialty vehicle, mobile, industrial power, and ...

もっと読む

2018年8月6日

マーキュリーマリーン社、4年間で2度目のビジネスフレンドオブエンバイロメント賞を受賞

ウィスコンシン州マディソン発今週水曜日マディソンにおいてマーキュリーマリーン社にウィスコンシンビジネスフレンドオブエンバイロメント賞が贈られた。2014年の受賞に続きこれが4年間で2回目の受賞となる。ビジネスフレンドオブエンバイロメント賞はウィスコンシン州の企業が行なっている環境汚染防止、革新的なテクノロジー、環境管理の分野での活動に焦点を当てている。 今年の始めにマーキュリーマリーン社は最新のV-6およびV-84気筒船外プラットフォームを発表した。これはマーキュリーマリーン社80年の歴史でもっと大規模なエンジンの発表となった。175hp;300hpの範囲で19種類となったマーキュリーマリーン社のエンジンは爽快なパフォーマンスと環境への影響の軽減で、カスタマーを魅了し続けている。 「2度目のビジネスフレンドオブエンバイロメント賞の受賞をうれしく思います」とマーキュリーマリーン社の国際オペレーション副責任者のジョン・ビューロー氏はいう。「V-6、V-8プラットフォームどちらの確認試験でも、製造に使われる原材料の削減、燃費、排気量、騒音の軽減の全てにおいて海運業界に新しい水準をもたらす結果でした。」 マーキュリーマリーン社の継続的な環境維持への努力に対し、同社には7年間連続してグリーンマスターの称号が与えられ、6月にはマーキュリーマリーン社のアクティブトリムテクノロジーがウィスコンシンで年間最優秀サステイナブル製品賞を受賞した。 「低燃費、低排気、静かなエンジン、多くの要素の中でもこれが船外エンジンに求められる三つの特徴です」とビューロー氏はいう。「マーキュリーマリーン社のV-6モデルは同程度の走行速度を持つ競合エンジンより12-16パーセント低燃費で、V-8は8-10パーセント低燃費でした」。 「私たちは多くの時間と努力を地球環境維持のために費やしています」、マーキュリーマリーン社の環境維持・設備プロジェクトマネージメントの責任者、スコット・ルーク氏は言う。「2017年度環境維持報告書で私たちがめざす目標とその達成の概観を明らかにしましたが、私たちはその難しい目標を2019年までに達成できる見通しです」 エネルギー、環境、製品、人間、この4つの柱がマーキュリーマリーン社の地球環境維持への努力を表している。マーキュリーマリーンと言う言葉で表される会社、従業員、カスタマー、コミュニティの全てが、環境維持への構想がこの4つのキーワードに結びついた時、活き活きと躍動する。 2017年度のマーキュリーマリーンによる環境維持への努力に関するヘッドライン ベルギーのプティ=ルシェンにあるマーキュリーマリーン社の工場に2000基のルーフトップソーラーパネルを取り付け、年間電気コストを30%以上削減 マーキュリーマリーン社は水資源を多目的に回送、再使用するシステム、工業用にさらに効果的に水を加熱、冷却するシステムの開発に投資し、その実現に成功 マーキュリーマリーン社はHVAC(暖房、換気、エアコンディション)システムの大幅な改善に取り組み、年間110億BTU以上のHVAC関連のエネルギー削減に成功、室内空気の品質も向上。 2015年以来、マーキュリーマリーン社はほぼ750トンに及ぶミックスペーパー、波型コンテナ、プラスティック収縮包装と飲料ボトルをリサイクル。さらに約950トンの木製ペレットが埋め立て地から再利用のために転送された。 2015年と2016年を通じてマーキュリーマリーン社の製造梱包機は1200トン以上の段ボールをリサイクル用に準備した。これら原料のリサイクルにより、約470,000kWhのエネルギーが節約された。これは30軒の家を1年間支える電力に相当する。 マーキュリーマリーン社の2017年度の環境維持に関する報告書全体はこちらから閲覧できます。  

もっと読む

2018年8月1日

マーキュリーマリーン、ミッドレンジでの性能を向上させる新ラインのディーゼルエンジンを発表

オーストラリア シドニー— 船舶用推進システムとテクノロジーの分野における世界的トップ企業、マーキュリーマリーンは今日、シドニーボートショーの会場において3.0リットルディーゼルエンジンの新ラインを発表した。船尾駆動、船内、ウォータージェットへの利用向けで、150馬力、230馬力、270馬力の3種類が用意されている。3年間をかけて設計、開発、試験が行われたこの新ラインは、加速、信頼性、取り付け・メンテナンスの容易さ、騒音・振動・不快感(NVH)の軽減といった主要な特性において、同等のクラス内で最先端の存在となるだろう。 (ヨーロッパでは、150馬力のエンジンノードと定格はヴェネツィアのタクシー専用に設計されており、後日、購入が可能になる予定だ。) 「こうした主要な馬力のカテゴリーにおいては、ディーゼルのパワーが市場で求められています。その需要を満たすために使っていただける製品ラインを当社のお客様に提供でき、私たちはとても嬉しく思っています」。こう語ったのは、マーキュリーマリーンでグローバルカテゴリー管理・戦略的計画部門の副部門長を務めるクリス・ネフだ。「ボート市場には、当社のディーゼルエンジンが持つ印象的なローエンドトルクと並外れた耐久性を求める、活発なセグメントが存在します。そして今回の新エンジンは、すでに同等のディーゼル推進システムの中では先端を進んでいる当社のラインナップをさらに強化するものです」 この新ラインのエンジンは、Mercuryのディーゼル出力システム開発を、第三次(Tier 3)排出ガス規制基準に沿う形で進めるものだ。この基準が、ディーゼルエンジンによる環境への影響を減らすことを目指したものである。 特筆すべきことに、これらの新エンジンはマーキュリーのSmartCraftテクノロジーと完全な互換性を持つ。そのため、ユーザーはエンジンに関する多様な情報と測定値、および、メンテナンス警報やトラブルシューティングの手引きをすぐに入手することができる。また、マーキュリーの船内用ジョイスティック操舵(JPI)および船尾駆動用ジョイスティック操舵(JPS)とも統合されており、ボートユーザーはさらに巧みな制御を行うことが可能になる。 「私たちは世界的な市場において消費者が重視する事柄に焦点を当て、これらの馬力カテゴリーのディーゼルエンジンの設計に全く新しいアプローチを用いました」。グローバル船尾駆動・船内部門の上級責任者であるラインハルド・ビュリュクはこう話した。「FCAを元にしたこうした新しいエンジンは、取り付け、設定、操作が容易なディーゼルエンジンを求める消費者の需要を満足させ、ボートレジャーを易しく直感的なものにしてくれます」。 このエンジンは水冷式の可変容量・高過給(VG)ターボチャージャーとコモンレール燃料供給方式を使うことで並外れた性能を発揮し、加速・トップスピードを大幅に向上させる。 マーキュリーマリーンではこれらのエンジンに徹底的な試験を課した。その中の「加速寿命」テストでは、通常の操作においてはどんな顧客も体験することがないであろう、過酷な状況にエンジンをさらしている。「これらのエンジンは非常に信頼性と耐久性が高いのです」とビュルクは話した。「それに、エンジンはマーキュリーのグローバルサービスネットワークに統合されていますので、消費者の方々にはサービスと修理を簡単に手配していただくことができます」。 マーキュリーの一新された3.0リットルディーゼルエンジンは、2018年に開催される以下のボートショーで展示される予定だ。 8月 オーストラリア シドニー 9月 イタリア ジェノバ 10月 IBEX(米国 フロリダ州タンパ) 11月 米国 フォートローダーデール、METS(オランダ アムステルダム) 12月 フランス パリ

もっと読む

2018年7月3日

Brunswick to Acquire Power Products’ Global Marine & Mobile businesses

Will Enhance Mercury Marine’s Global Parts & Accessories Business Fond du Lac, Wisc. – Mercury Marine’s parent company, Brunswick Corporation (NYSE: BC) today announced that it has entered into a definitive agreement to acquire Power Products – Global Marine & ...

もっと読む

2018年6月12日

Mercury Marine strengthens leadership team with strategic reorganization

Fond du Lac, Wisc. – Mercury Marine has made a few strategic changes to its executive leadership team to better strengthen its organizational capabilities around the world. Mike Gyorog has been named Executive Vice President of Global Service at Mercury ...

もっと読む

2018年6月1日

Mercury Marine Wins Sustainable Product of the Year Award for Active Trim Technology

Fond du Lac, Wisc. – Mercury Marine has been awarded the Sustainable Product of the Year award from the Wisconsin Sustainable Business Council for its Active Trim technology. Mercury’s commitment to sustainability has won the company numerous awards including a ...

もっと読む

2018年5月18日

Mercury introduces Verado, FourStroke, Pro XS and SeaPro V8 and V6 models ranging from 175-300hp

Fond du Lac, Wisc. - Mercury Marine recently expanded and augmented its outboard lineup by launching multiple V8 4.6-liter outboard models – the 250 and 300hp Verado®, the 250 and 300hp FourStroke, the 200, 225, 250 and 300hp Pro XS®, and ...

もっと読む

2018年3月13日

Mercury Marine mourns loss of Charlie Strang

Fond du Lac, Wis. – Mercury Marine is saddened by the death of Charles “Charlie” Strang who served as Carl Kiekhaefer’s top engineer for 13 years at Mercury Marine.   After leaving Mercury, he served as Director of Outboard Marine Engineering ...

もっと読む

2018年2月19日

Mercury Marine preserves its heritage with a return to Lake X

Fond du Lac, Wis. - Mercury Marine is reviving a piece of its history as the company has agreed to lease the property at Lake X in Central Florida. Lake X, a pillar of Mercury’s heritage, was designed and built by ...

もっと読む

次へ